女性の薄毛・抜け毛の悩みは病院で解決。ところで、何科を受ければいいの?

女性の薄毛 2018.10.31

女性の抜け毛は病院、皮膚科やAGAクリニックで解決

女性の抜け毛はAGAクリニックへ

髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が気になる時はAGAクリニックへ行きましょう。薄毛は病院での解決が可能で、中でもAGAクリニック(ヘアクリニック)は薄毛の問題に特化しています。

髪の毛の問題を専門的に扱っているだけあって原因を特定しづらい薄毛や、慢性的な薄毛の解決。発毛させるための治療に強みがあります。

もちろん、AGAクリニックの診療を受けた結果ほかの病院にかかる必要性が分かることもあります。

AGAとは男性ホルモンが関わる脱毛症

AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関わる脱毛症で、男性は遺伝によって発症しやすくなります。女性の場合は女性ホルモンが減ることで男性ホルモンの影響力が強くなり、ジヒドロテストステロンが発毛の邪魔をし出すと言われています。女性のAGAをFAGAと呼びます。

また、女性ホルモンはプロゲステロン、エストロゲン共に健康な育毛に関わっているため女性ホルモンが減ることそのものが抜け毛や薄毛に関わります。産後脱毛も女性ホルモンのバランスが妊娠していた状態から元に戻ったことで起こる脱毛です。

FAGAの原因はよくわかっていない

確かに女性ホルモンが減ることでFAGAになるようですが、FAGAになったからといってジヒドロテストステロンが増えるわけでも内容です。あくまで相対的な影響力と考えられています。

ただ、いずれにせよFAGAの対策として女性ホルモンを増やすことは有効です。更年期障害の一つとして薄毛が発症することもあります。

そのほかにもこんな原因が薄毛に関わる

AGAクリニックは幅広い薄毛の相談を受けているのでFAGA以外の薄毛についても診断してくれます。普段の生活習慣からこのようなことが発覚するかもしれません。

栄養不足

髪の毛が育つための栄養が足りていないと抜け毛や薄毛を引き起こします。

ストレス

ストレスも薄毛の原因です。髪の毛につながる毛細血管が緊張状態によって狭くなり、血流を悪くするからです。睡眠不足もストレスをかけます。

牽引性脱毛

ポニーテールをはじめ髪を引っ張るヘアスタイルにしていると、毛根に負担がかかって髪が抜けるようです。

内蔵の疾患

内蔵の疾患が疑われることもあります。薄毛は意外と複雑なのです。

円形脱毛症が見られる時は皮膚科へ

抜け毛が多く円形脱毛症が疑われる場合は皮膚科へ行きましょう。円形脱毛症の治療についてはAGAクリニックよりも皮膚科の方が詳しく、他にも急激な脱毛が見られる場合は皮膚科で治療を受けた方が良いでしょう。

円形脱毛症は局所的な大量の脱毛が特徴です

円形脱毛症は免疫細胞が毛根を攻撃して、髪の毛の成長を止めます。そして、一気に脱毛させる恐ろしい症状です。円形脱毛症は普通の薄毛と比べ物にならないペースで髪の毛が抜け落ちます。

皮膚科では頭皮トラブルも解決してもらえる

皮膚科は皮膚の問題全般に詳しく、特に保険治療を受ける上で有用です。そのため、頭皮にフケやかゆみ、炎症を患っている人はそれも合わせて解決してもらえます。頭皮は顔に次いで皮膚が弱いです。髪を洗う時は優しくこするようにしてください。

女性の抜け毛は内科や産婦人科で解決することもある

産婦人科では女性ホルモンに関わる薄毛が解決できるかも

産婦人科は女性ならではの問題を扱う病院です。女性の薄毛にホルモンバランスの乱れが関わっているなら産婦人科も一つの選択肢となるでしょう。

もちろん、AGAクリニックに通うことや生活習慣を改めることで解決できる場合もありますが薄毛の進行が早い場合や、更年期障害に見られる症状が他にも見られる時は、産婦人科に頼った方が良いと思われます。時にはAGAクリニックに通院を進められることもあるでしょう。

ただし、産婦人科は脱毛専門の病院ではないので思ったような解決が見られないこともあります。

内臓疾患のせいで薄毛になっていることもあります

薄毛は栄養不足や血行不良によって起きるので、体の状態が良くないことも薄毛に関わります。例えば内臓に疾患がある場合はそれを治療することが薄毛の改善につながるでしょう。

もし、薄毛以外に気になる症状があるなら優先順位に応じて内科に行くこともおすすめです。甲状腺機能障害も薄毛に関わります。

内科によっては食生活の改善を指導してくれるでしょう。

強いストレスがあるなら精神科に頼ることもあり

薄毛はストレスが関わっていることもあります。ストレスは交感神経を活発にさせて血管を狭めます。他にも内臓の機能を悪くしたり、ホルモンバランスを調節できなくしたりと体への負担は侮れません。女性は男性に比べてストレスを溜め込みやすいので適度にストレス発散を心がけましょう。

ストレスが重度である場合は精神科へ行くことも一つの選択肢です。精神科ではカウンセリングや投薬によって心の問題を解決してくれます。ストレスによる薄毛はもちろん、自ら髪の毛を抜いてしまう抜毛症の解決も精神科で行います。

女性が病院で解決できるのは抜け毛だけじゃない

病院で体の悩みを解決してもらおう

薄毛は時に健康状態を反映します。そのため病院にかかることで他の病気に気がつくこともあるでしょう。

例えばホルモンバランスの乱れを解決すれば精神の不安定や倦怠感、冷えやのぼせ、内臓の痛みなどの改善が期待できます。内科にかかれば大病を回避することができます。精神科にかかることで脳の状態に気づくことができるかもしれません。

せっかく病院に行くのですから抜け毛以外の症状も解決しましょう。

病院に通う上で気をつけることは?

病院に通う上で気をつけることは距離の近さ、診療方針、薄毛問題への詳しさです。まず病院との距離は継続して通う上で無視できないポイントです。どんなに良い病院でも通いづらければ足が遠のいてしまいます。

次に治療方針が合わない・信用できない場合は他の病院にした方が良いでしょう。自分で納得できないし、プラシーボの観点でも悪影響が考えられます。納得できる病院は周りの評判を参考にすると良いでしょう。

そして薄毛への詳しさです。AGAクリニックや皮膚科でない場合でも薄毛の悩みを聞いて解決した経験が多いと、頼りになります。総合病院であれば薄毛専門の外来で診断を受けてから他の科を紹介される場合も考えられます。

女性の抜け毛は病院で解決しよう

抜け毛や薄毛の問題は病院で解決できます。病院のメリットは何よりも医師が診断してくれることで、自分ではわからなかった薄毛の原因を調べてもらえます。自己判断で薄毛対策をする場合に比べてはるかに有効です。

自分の薄毛がどの病気と関わっているのか分からない場合は、薄毛を専門に扱っているAGAクリニックをお勧めします。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます