前髪の薄毛で悩む女性に朗報!透ける前髪の改善とアレンジ方法を紹介

女性の薄毛 2019.01.23

女性が悩む前髪の薄毛とは?

前髪が透けるほど薄いと悩んでいませんか?

前髪の薄毛、どうやって隠せばいいんだろうと悩むことありますよね。女性にとって大きな悩みである薄毛の中でも、比較的目立ちやすい前髪はうまくごまかさないと薄毛がバレてしまうものです。

前髪が薄いと、ボリュームのあるバングを作れないし薄毛の進行具合によっては「髪の毛を下ろしているのに前髪がスカスカ」ということまであります。前髪が透けるほど薄いと、元気がない、年齢を重ねているような印象を与えるかもしれません。

人によっては前髪だけでなく生え際の薄毛も悩みの種になるでしょう。

前髪が薄くて髪型が決まらない…

前髪が薄いとヘアスタイルがなかなか決まりませんよね。一部だけ薄いと他の部分とバランスが取れないものです。カタログにあるような髪型を試しても違和感が出てしまいます。前髪が薄くても似合うヘアスタイルってどうすれば良いんでしょうね。

薄毛ってどんな状態なの?

薄毛の一般的なイメージは髪の毛が減ることや、もともと髪の毛が少ないことだと思います。確かにそのタイプの薄毛もいますが、基本的な薄毛は「髪の毛が細くなって」います。一時的な薄毛も元通りの太さになれば改善するし、元々髪の毛の細い人は薄毛と見られやすいと思います。

前髪が薄くても似合う女性のヘアアレンジ

前髪の薄毛を目立たせない時はこんなスタイルを

前髪の薄毛についてすぐにできることは、前髪が薄くても似合うヘアスタイルを見つけることです。髪の毛の薄さは、周りとのバランスが取れていれば意外と目立たないもので少しの工夫で薄毛を隠せます。

薄毛を隠す時は自然さが大切です。不自然に前髪を伸ばしたり隙間を作らないようにべったり固めると逆に前髪薄毛が目立ってしまうでしょう。

前髪薄毛を隠す時の合格ラインは「相手が気づかなくなる」レベルです。芸能人やモデルの髪型を画像検索しながら、だいたい同じになれば気づかれません。

前髪を短くする

前髪は短めにするのが原則です。前髪が短いとそれだけでボリュームが増えるし軽く見えます。全体的にショートめにすると他の部分とのバランスも取れるでしょう。おでこがそこまで広くないなら、前髪を作らないこともありかもしれません。

パーマでボリュームを増やす

ボリュームを増やしたいならパーマが必須になるでしょう。やはりワックスやスプレーでは限界があるしジェルを使うと重くなってしまいます。パーマをかければふんわりとした風合いになり、おでこが透けづらくなります。もし、透けてしまう場合でもそれが自然に見えるでしょう。

パーマの種類は髪の毛に大きなうねりをかけられるデジタルパーマをお勧めします。

束を作って薄毛を分かりづらくする

前髪を短くするとボリュームが増えるし、バラバラ感を出すこともできます。つまり、髪の毛が薄いのではなく「そういう髪型なんだ」と印象づけることができるようになります。

前髪薄毛をおしゃれに見せる髪型と言えば、ずばりシースルーバングです。石原さとみさんをはじめ様々なモデルや芸能人がやっているし、写真を見るだけでも「この薄さでおしゃれに見えるんだ」と希望が出てきます。

昭和のアイドルもシースルーバングの人がいるようです。

前髪を流す

前髪を作らないことも一つの手段です、横に分けることやポンパドールにしてしまえば前髪の薄さが気づかれません。ヘアスタイルは制限されるかもしれませんが前髪を隠す上で最も効果的でしょう。

ただし、分け目を作る時は生え際の薄毛が目立つ可能性があります。この点だけ注意しましょう。

前髪が少ない人はアクセサリーの活用もおすすめ

前髪のヘアアレンジが難しい時はアクセサリーを使って前髪を隠すこともおすすめです。例えばこのような方法で前髪の薄さを隠せますよ。

帽子

帽子をかぶればまず前髪の薄毛がバレません。適当に帽子を選ぶとヘアスタイルの調和が取れないので帽子選びにもしっかり気を遣いましょう。大きめの帽子を選べば小顔効果が期待できます。

ただ、帽子は室内で脱ぐ可能性がある点に気をつけてください。

ヘアバンド

帽子より扱いやすいのはヘアバンドやターバン、カチューシャあたりです。これらのアクセサリもうまく使うことで前髪を隠せます。それにヘアバンド類はバイクに乗るときも外さなくて良いし、室内でも着けていられます。

その一方で帽子よりもアレンジが多様で技術とセンスが問われます。

ウィッグ

ウィッグをつけるのも一つの手段です。前髪だけのウィッグはポピュラーなものでネット通販を探してもたくさんの種類が見られます。ウィッグを使う時は自分の髪質や色と合っているもの、外れにくいものを選んでください。

女性の前髪はげを改善する方法

生活習慣を改めてみよう

女性の前髪薄毛はヘアスタイルを変えるだけでも十分に隠せますが、できることならふさふさの前髪を取り戻したいですよね。女性の薄毛を改善するにはこんなことを気遣うと良いです。

ストレスを溜めないようにしよう

仕事や友達関係、恋愛やパートナーシップ。女性がストレスを感じるところはたくさんあります。男性よりも人の気持ちを察する力があるため、気疲れしやすい点も気をつけたいですね。

ストレスは髪の毛に栄養を送るための欠陥を狭めてしまいます。これは緊張状態になると活発になる交感神経の影響です。

ストレスは定期的に発散しましょう。ストレスを発散できないときでもストレスを感じさせるものから距離を置くことが大切です。どうしてもネガティブなことを考えてしまうなら意識を別のことに向けましょう。無理なポジティブシンキングは精神を傷つけます。

ストレス管理ができると薄毛改善の他に美肌になったり体調が良くなったりと体全体に良い効果が出ます。

しっかり睡眠をとろう

睡眠はしっかり取ってください。ついつい夜更かししてしまうときも、可能な限り深い眠りを与えることが大切です、睡眠はただ寝そべっているだけではありません。脳と体を休めて明日に備える作業をしています。

睡眠不足になると自律神経が乱れてそれがストレスを引き起こします。また、睡眠不足になることで成長ホルモンの分泌も悪くなるでしょう。

睡眠の質を良くしたいなら、睡眠1時間前に寝る準備を済ませてスマホやテレビの光をシャットアウトすることがおすすめです。

食事は栄養バランスよく、タンパク質もしっかり食べる

食事は体に栄養を取り入れることが目的です。髪の毛も細胞の一部ですから栄養不足になると薄毛や白髪につながってしまうのです。

髪の毛に良い栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンBあたりですが、特に女性が不足しがちなのはタンパク質と亜鉛です。亜鉛については男性も女性も不足がちですがタンパク質も不足する理由はダイエットにあります。

痩せるためにダイエットをした結果、必要な栄養まで摂れずに体調を崩しては大変です。肉や魚もしっかり食べましょう。ダイエットをしたいならカロリーコントロールよりも臓器の力を上げることが肝心です。

お酒やタバコに気をつけよう

お酒は消化器に負担をかけるため、代謝を悪くします。その結果髪の毛を伸ばすためのエネルギーが割り当てられなくなります。そしてタバコは髪にとってよくないので前髪が伸びない人は特に注意しましょう。

タバコには欠陥を狭くするニコチンと赤血球の邪魔をする一酸化炭素と、肺を傷つけるタールを始めたくさんの有害物質が入っています。タバコによって薄毛よりも大きな健康問題が起きることもあります。

ホルモンバランスを整えよう

女性の薄毛と関係が強いものは女性ホルモンです。女性ホルモンのエストロゲンは骨や髪を強くする働きがあるため、ホルモンバランスが乱れると薄毛リスクが高まります。髪の毛がしっかり成長することなく生えては抜けてを繰り返すので、髪の毛が細くなってしまうでしょう。

ホルモンバランスが乱れやすいのは閉経する更年期が一般的ですがストレスや病気の影響でホルモンバランスが乱れることもあります。そのため10代や20代でも更年期障害のリスクは否定できません。

ホルモンバランスの乱れによって髪の毛が抜けることをFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。これは男性特有の脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)に因んだ名前です。ただしAGAと同じように男性ホルモンの影響が出ているのかは諸説あります。

FAGAになると頭頂部から全体的に薄くなっていきます。生え際も気になりやすい部分です。満遍なく薄くなることからびまん性脱毛と呼ばれます。

もちろんホルモンバランスが乱れると体全体に症状が出ます。したがって女性ホルモンが減りすぎたことによる薄毛の場合は、薄毛以外の不調があることと前髪以外も薄くなっていることが目安になります。

女性ホルモンを増やすにはどうすれば良いか

女性ホルモンのバランスを整えるためには規則正しい生活が基本です。体に優しい習慣を続けることで体調の回復に向かうでしょう。他には産婦人科へ行って女性ホルモンを取り入れる治療を受けることもおすすめです。低用量ピルも一つの解決方法です。

産後脱毛は健康な証

産後脱毛も女性ホルモンの影響で起こる薄毛ですが、産後の場合は妊娠で増えた女性ホルモンが元に戻る過程で髪が抜けるだけです。期間を過ぎれば元に戻ります。

女性向けのヘアクリニックがあります

前髪の薄毛について病院に相談したいなら、産婦人科かヘアクリニックを選びましょう。薄毛の病院といえば男性向けのAGAクリニックが多いものの最近は女性向けのヘアクリニックも増えつつあります。

女性のデリケートな問題を相談しやすいよう個室の診療室を設けています。ヘアクリニックではこのような薬を処方してもらえます。

リアップ

リアップは頭皮の血行を良くする薬で、俳優の水谷豊さんのCMがおなじみですね。実はリアップには女性用があり、市販品ではリアップジェンヌと呼ばれています。

リアップにミノキシジルという有効成分が含まれていて、女性ホルモンを原因とする薄毛、生活習慣を原因とする薄毛の両方に使えます。

パントガール

パントガールは育毛に役立つ栄養を補給できる薬です。サプリメントのようですが医学的根拠が認められ、パントガールに似せたサプリメントが出回るほどの信頼があります。パントガールは栄養剤なので気軽に使えて副作用リスクが少ないメリットがあります。

こちらも、幅広い薄毛に使えます。

女性の前髪薄毛はヘアクリニックで改善を

前髪の薄毛は人から見える部分ですから目立ちやすく、特に背の高い男性からは前髪と生え際の薄毛がよく見えるでしょう。でも、ヘアスタイルを変えたりアクセサリーを使ったりすれば前髪の薄毛は簡単に隠すことができます。

前髪の薄毛を改善したいなら生活習慣やホルモンバランスに目を向けることが大切ですが、自己判断するよりは医師の診断を受けた方が良いでしょう。一般的な薄毛ならヘアクリニックで解決できます。

前髪の薄毛を直して、今以上にヘアアレンジを楽しみましょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます