ハゲ隠しの帽子がハゲの原因に!?薄毛対策として正しい帽子の使い方

薄毛・抜け毛の予防対策 2019.02.07

薄毛対策の帽子がハゲの原因になる?!

帽子をかぶるとハゲる!という話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?

帽子をかぶっているから薄毛になるのか、それとも薄毛になったから帽子をかぶる人が多いのか、今回は科学的な見解も交えて解説します。

加えて、薄毛対策に効果的な帽子の使い方とそれ以外の薄毛隠しの方法も合わせてご紹介します。

薄毛と帽子の関係性

薄毛と帽子にはさまざま説があり、帽子を長時間かぶっていると薄毛になるという意見もあります。

薄毛に悩んでいる方にとってはハゲる要素はなるべく排除していきたいですから、無視できない話題でしょう。薄毛と帽子の関係性について科学的な視点で考えます。

科学的根拠はない?!

科学者や専門家によって見解が異なるかもしれませんが、一般的には帽子と薄毛の関係性は認められていないようです。つまり、帽子をかぶるとハゲるというのは都市伝説なのかもしれません。

帽子を長時間かぶっている野球選手やヘルメットを着用する工事現場作業員の方に薄毛の人が多いように感じるかもしれませんが、実際は半々の割合で存在しているようです。しかし、科学的な根拠はないものの帽子を長時間かぶることで薄毛を進行させてしまうことがあります。その点については後ほど解説します。

薄毛と関係があるのはジヒドロテストステロン

男性が薄毛になる場合、その原因の多くが男性型脱毛症AGAと言われています。AGAの根本的な原因はジヒドロテストステロンの影響のよるもので、この物質が髪のヘアサイクルに悪影響を与え、抜け毛を促進させます。

そのため、薄毛に悩んでいる方が注目すべき関係性は帽子ではなく、ジヒドロテストステロンの影響をいかに抑え込むかが重要になります。もしかすると、いつも帽子をかっぶていることが薄毛の原因ではなく、ジヒドロテストステロンによる悪影響が抜け毛を助長させているのかもしれません。

薄毛対策に効果的な帽子の使い方

帽子が薄毛の根本的な原因になるわけではありませんが、正しい使い方を知らなければ薄毛を進行させてしまう可能性があります。薄毛対策に効果的な帽子の使い方をご紹介します。

夏は通気性のいい素材を選ぶ

男性は女性よりも多くの汗をかき、皮脂の分泌量も多いので夏場は通気性のいい素材のものを選びましょう。例えば、麦わらや綿・麻素材のものは通気性がいいので汗をかいても雑菌が繁殖しにくくおすすめです。

また、可能であれば洗濯可能なものを購入するといいでしょう。高級素材のものを購入すると自分で洗濯することができず、クリーニングに出す必要があるかもしれません。余分の費用が掛かりますし、手間もかかるのでついつい汚れたままの帽子をかぶり続けることになるでしょう。

自分で洗濯可能な帽子にすれば手軽に洗うことができますし、いつも清潔な状態を維持することができます。

冬は保温性の高い素材

気温が低くなると体の細胞の活動が鈍くなり、新陳代謝が悪くなります。髪の毛母細胞が細胞分裂を起こすためには約36度から37度の体温が必要と言われており、冬場は細胞の分裂回数も少なくなってしまうようです。

特に頭皮は外気に触れすく皮膚温度も低くなりがちなので冬場は保温性のいい素材のものがいいでしょう。ウールやアクリル素材は保温性が高いですし、商品によっては自分で洗濯できるものもあるでしょう。

冬の外気は10前後にまで冷え込みます。帽子を上手に活用することで保温効果を高めて、髪の毛母細胞の活性化を後押しできるかもしれません。

自分に合ったサイズ選び

小さすぎる帽子をかぶると頭皮を締め付けることになり、薄毛の原因になる可能があります。また、大きすぎる帽子は髪との摩擦が多くなり、抜け毛を増やしてしまうかもしれません。ですから、帽子を買うときには自分に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

インターネットでも商品を購入することができますが、メーカーによって表示サイズが違うため、思っていたよりも小さかった・・・という場合も多いようです。事前に試着するなどして自分になったサイズの帽子を選びましょう。

帽子をかぶったあとは丁寧にシャンプー

一日活動した後は丁寧にシャンプーしましょう。帽子の中は思っているよりも雑菌が繁殖しており、頭皮環境を清潔に保つためには丁寧なシャンプーが必要になります。

汗かき体質の男性であれば、ある程度洗浄力の高いシャンプー剤がいいかもしれません。洗浄力の弱いシャンプー剤では頭皮に溜まった皮脂を洗い流すことができない可能性もあります。

しかし、強すぎる洗浄力は必要な皮脂まで洗い流す可能性があるので気を付けてください。アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーであれば髪や頭皮に優しい成分が配合されているので育毛にも有効に働いてくれるでしょう。

髪ではなく毛穴の中を洗う

シャンプーの時に髪をゴシゴシ擦って洗うだけでは頭皮の毛穴の汚れを掻き出すことは難しいでしょう。頭皮を清潔に保つために必要なのは毛穴の中を洗うことです。頭皮を縮めたり伸ばしたりすることで頭皮の毛穴まで奇麗にすることができます。両手で頭皮を優しくつかみ上下左右に動かしながら洗いましょう。

薄毛に悩んでいる方の中にはシャンプー時の力が弱すぎる人もいるようです。髪が抜けるのではないか・・・という不安から撫でるように洗う方もいるようですが、そのような洗い方では頭皮を清潔にすることは難しく、逆に抜け毛を進行させてしまうかもしれません。

正しいシャンプーの方法は薄毛対策に欠かせないものですからしっかりとマスターしておきましょう。

育毛シャンプーで薄毛治療は可能か?

インターネットやドラッグストアではたくさんの育毛シャンプーが販売されていますが、それらで薄毛を治療することは可能でしょうか。

結論から言いますと、難しいでしょう。AGAを治療するためにはプロペシアやサガーロなどのジヒドロテストステロンの影響を抑制する治療薬が必要になります。しかし、育毛シャンプーにはそれらの効能はなく薄毛の根本的な治療にはならないでしょう。

しかし、育毛シャンプーには髪や頭皮に優しい成分が配合されているので育毛効果を高めることはできます。専門のクリニックで処方される薄毛治療薬と併用して活用することで最大限の効果を発揮してくれるでしょう。

薄毛対策で帽子をかぶる時の注意点

帽子をかぶること自体が薄毛に原因になるわけではありませんが、帽子をかぶることによって抜け毛や薄毛の進行を促進させてしまう可能性はあります。

薄毛治療を成功させるためには、ハゲる要素を徹底的に排除していく必要がありますから、帽子をかぶる時の注意点を理解しておきましょう。

頭皮の蒸れ

帽子を長時間かぶっていると中が蒸れて頭皮環境が悪化してしまいます。頭皮環境の悪化は薄毛を促進させる要因になるので注意が必要です。

頭皮が蒸れると雑菌が繁殖して頭皮の痒みや過剰なフケの発生の原因になることがあります。特に男性は女性よりも多くの汗をかき、酸化した汗はアクネ菌などの発生の原因になります。

頭皮が痒くなることで頭皮を掻いてしまい、傷がついてさらに雑菌が繁殖することも考えられます。

髪がつぶれてボリュームがなくなる

帽子をかぶると髪がつぶれてしまい、ボリューム感がなくなってしまいます。また、汗をかくことでペタッとした髪型になってしまい、帽子をとったときに薄毛が目立つようになります。

普段はワックスやスタイリング剤などでボリューム感を出すことで薄毛を目立たなくすることができるかもしれませんが、帽子をかぶることで一気に髪質が変わり、こんなにハゲていたの?!と思われるくらいに見た目が変わってしまうこともあるようです。

帽子と髪の摩擦

帽子と髪の摩擦の頻度が多くなると抜け毛が増えてしまうかもしれません。特に薄毛が進行している方の髪の毛根は弱っていることが多く、ちょっとした摩擦で抜け落ちてしまうことがあるのです。

生まれたばかりの髪、新生毛の毛根は小さく、強い刺激を与えると抜けてしまうようです。新生毛が抜け落ちずにそのまま成長することが薄毛治療成功のカギになりますから、帽子との摩擦によって新しい髪が抜け毛落ちてしまうのはなるべく避けたほうがいいでしょう。

頭皮の血行不良

サイズの小さな帽子をかぶっていると頭皮が締め付けられ、頭皮の血行不良の原因になることがあります。

頭皮が血行不良になると髪の毛母細胞は十分な量の栄養を吸収できなくなるので細く弱い髪になり、抜け毛も増えてしまいます。帽子やヘルメットをかぶるときには適切なサイズを選ぶことを忘れないようにしましょう。

薄毛対策で帽子をかぶるメリット

物理的な薄毛隠し

専門のクリニックで処方される薄毛治療薬を使用しても効果を発揮するまでには時間がかかります。一般的な治療薬であるプロペシアを服用しても半年から1年程度の期間が必要になるようです。

それまでの間は自分の薄毛と向き合う必要がありますが、外出の時には人目を気にせずに出歩きたい!そんな方にとって帽子は物理的な薄毛隠しになるのでおすすめです。

最近ではお洒落な帽子もたくさん販売されていますし、流行のファッションスタイルを取り入れることで気分の高揚を感じることもできるでしょう。薄毛に対するコンプレックスゆえに外出が億劫になっているのであれば物理的な薄毛隠しは大きなメリットといえます。

紫外線予防

夏場の日差しは頭皮環境を悪化させる可能性があり、紫外線対策が必要になります。頭皮が紫外線を浴びると酸化作用が強くなり、頭皮が硬くなり健康的な髪が育ちにくくなるようです。

硬い頭皮では髪の毛根はしっかりと栄養を吸収することができず、抜け毛が増えてしまう可能性があります。夏場だけではなく春や秋などの季節の変わり目は紫外線の量が増えるので外出の際には帽子で紫外線予防をした方がいいかもしれません。

帽子以外の薄毛隠し

帽子は薄毛隠しに最適ですが、帽子以外にも方法はいくつかあります。帽子以外の方法も知っておくならPTOに合わせて最適な薄毛隠しを行えるかもしれません。

かつら

薄毛隠しの主流ともいえるのが、かつらの使用です。ひと昔のかつらは見ただけでかつら!とわかるような不自然なものが多かったのですが、最近では自毛を使ったかつらも販売されており、より自然な仕上がりを目指すことができるようです。

かつらを効果的に使うためには定期的なメンテナンスが必要になり、手入れを怠るとかつらの状態が悪くなり、ナチュラルさが損なわれていきます。

また、高額な商品が多いためある程度の経済力も必要になるようです。しかし、物理的に薄毛を目立たなくすることができますし、自分に自信を持つことができるようになるかもしれません。

髪型を変える

薄毛が目立たない髪型にすることも薄毛隠しの一つです。例えば、頭頂部の薄毛が気になる方であればサイドを短く刈り上げることで頭頂部の薄毛を目立たなくすることができますし、前頭部の薄毛が進行してきたのであれば前髪を長く残すことでハゲを隠すことができるかもしれません。

また、AGAがかなり進行してしまった場合は坊主にするという方法もあります。万人に共通して似合う髪型と言われていますし、複雑な手入れも不要なので、手っ取り早く薄毛を目立たなくしたい!という方には適しているかもしれません。

粉の使用

薄毛隠しの粉とは、頭皮に振りかけるだけで薄毛を目立たなくさせる商品です。植物性の繊維質でできているため、副作用などの可能性も低く安心して使用することができるようです。

前頭部や頭頂部など薄毛が気になる部分に振りかけ、静電気の力で固定させます。できるだけ自然な仕上がりにするためにはコツがいります。

  1. 必要以上の粉をかけない
  2. ヘアスプレーの量を調整する
  3. 頭皮と髪が乾いてから振りかける
  4. 使用後はシャンプーで洗い流す

初めて粉を使う方の中にはたくさんの粉をかけすぎて不自然になってしまうこともあるようです。

また、育毛剤と併用する時など、頭皮や髪が濡れた状態のままだと粉がしっかり付着しないこともあり、汗をかいたときなどに黒い汗が流れてくるかもしれません。初めて使用する時はしっかりと説明書を読んだうえで振りかけるようにしましょう。

自毛植毛

薄毛隠しの最終手段とも言われているのが植毛施術です。植毛施術とは側頭部や後頭部など薄毛が進行していない部分の頭皮を切り取って、薄毛が気になる部分に移植する方法のことです。

AGAがかなり進行してしまい、専門のクリニックで治療を行ったものの効果が出なかった場合などに検討されるでしょう。植毛施術には自分の髪を使った自毛植毛と人口の髪を使った人工植毛がありますが、安全性や見た目の仕上がり具合から自毛植毛が一般的のようです。

自毛植毛を成功させるためには専門医との十分な意思疎通が必要になりますし、入念なカウンセリングが必要になります。また、正式な資格も持った医師に施術してもらう必要がありますから、この方法を検討するのであればしっかりと調査してから行うようにしましょう。

薄毛の根本的な対策法とは?

帽子やかつら、髪型などで薄毛を隠すことができるかもしれませんが、根本的に薄毛を治したい!という方はどのような対策を講じればいいのでしょうか。実際に効果性の高い薄毛対策法をご紹介します。

まずは男性ホルモンを抑制!

男性型脱毛症AGAの根本的な原因は男性ホルモンの影響であることが研究によっても明らかになっています。そのため、男性ホルモンの影響を強く受けている人の方が薄毛になりやすく、AGAを発症した後の進行度合いも早いようです。

一概には言えませんが、体毛が濃い方、胸毛、すね毛が濃い方などは男性ホルモンの影響を強く受けている可能性があり、薄毛対策を行う際には男性ホルモンの抑制がカギになるでしょう。

薄毛は遺伝だから治らない?!

薄毛は遺伝だから治らない!という意見を耳にすることもあります。実際、薄毛と遺伝は大きな関係性があり、特に母方の親族に薄毛の人が多ければAGAを発症しやすいと言われています。

薄毛が遺伝する確率は25%~70%程度と言われており、高い確率ではありますが100%ではありません。つまり、早い段階で男性ホルモンの抑制効果の高い治療薬を使用することでAGAを進行を食い止め、薄毛を治療できる可能性もあるのです。

薄毛治療は時間との戦いですから時間を無駄にせず、効果的な治療法を取り入れる必要があります。

AGA治療薬の代表格!プロペシア

プロペシアはAGA治療薬として厚生労働省によって効果性が裏打ちされており、AGA専門のクリニックで処方される代表的な治療薬です。プロペシアには5αリクターゼの生成を抑制することでジヒドロテストステロンの分泌量を少なくする効果があります。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱し、抜け毛を増やす元凶ですからプロペシアの服用によって抜け毛の減少と髪の再生が期待できます。

プロペシアが効果を表すまでには半年程度の期間が必要と言われていますが、頭皮環境の状態やAGAの進行度合いによってはさらに長い時間が必要になるかもしれません。また、プロペシアには男性機能障害や肝機能への副作用の可能性もあるため、必ず専門医の診断を受けたうえで服用する必要があります。

サガーロ

サガーロもプロペシアと同じく、ジヒドロテストステロンの分泌量を抑制する効果があり、こちらも厚生労働省によって医薬品に分類されています。

5αリクターゼには二つの型がありプロペシアは5αリクターゼⅡ型にのみアプローチするのに対し、サガーロは5αリクターゼⅠ型とⅡ型両方に働きかけるため、プロペシアよりも治療の効果性が高いとの見方もあります。

ただ、プロペシアよりも治療費が高くなることや副作用の可能性も増すことから、まずプロペシアを試してみて、効果がなかった場合にサガーロに切り替える人が多いようです。
サガーロの副作用も基本的にはプロペシアと同じで、男性機能障害や性欲減退などの報告が上がっています。

プロペシアとサガーロの副作用の確率は?

プロペシアやサガーロを服用したときの副作用の確率はどのくらいのなのでしょうか。ある調査データによると全体の5%以下の割合で何らかの副作用が認められているようです。

そのうち男性機能障害や性欲減退は1%程度で全体の数値としては僅かです。この割合をどのように捉えるかは個人差がありますが、薄毛治療薬を服用すると必ず副作用が出るというわけではないようです。

専門のクリニックにはAGAのプロフェッショナルが在籍していますから、詳しい情報を確かめてから服用するようにしましょう。

頭皮の血行促進を促すミノキシジル

健康的な髪を生み出すためには血行促進が必要不可欠になります。髪の毛根は血液を介して栄養を吸収するため、頭皮に血行を促進することで薄毛を治療できる可能性が高くなります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、全身の血行を促進させる効果があるため、特に頭頂部の薄毛に効果的と言われています。ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、一部のドラッグスストアでも購入できるミノキシジル外用薬がありますが、専門のクリニックで処方されるミノキシジルの方が配合濃度が高いので効果性が期待できます。

元来、ミノキシジルは血圧降下剤として使用されており、急激に血管を拡張させる効果があるため、頭皮の痒みやめまい、吐き気などの副作用の可能性があります。服用する時には専門医の診察を受けたうえで使用するようにしましょう。

育毛剤で頭皮環境を整える

育毛剤には頭皮環境を整える有効成分が多分に配合されているため、薄毛治療を有効に進めるうえで大きな助けになってくれるでしょう。

インターネットで販売されている育毛剤には血行促進作用や頭皮を清潔に保つ成分などが含まれています。メーカー推奨の用法・容量を守ることで育毛効果を高めることができます。

ただし、医薬部外品の育毛剤にはAGAの根本的な治療薬であるプロペシアやミノキシジルなどが配合されていないため、それだけでは薄毛治療は難しいでしょう。AGAを治療するためにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する必要がありますが、医薬部外品の育毛剤だけでは効果性は低いかもしれません。

本気で薄毛を治したい方には、AGA専門のクリニックで処方された治療薬を使用しつつ、育毛剤を併用することで効果性を高めることをお勧めします。

本気で薄毛対策するなら専門クリニックへ!

今回はハゲ隠しの帽子が薄毛の原因になるのかについて特集しました。医学的な根拠はないものの間違った使い方をするなら、帽子が薄毛の原因になる可能性についても解説しました。

帽子は薄毛を効果的に隠せるアイテムの一つですから、正しく使っていただきたいです。また、薄毛を隠すだけでなく根本的に治療したい!という方はプロペシアなどの薄毛治療薬を使用する必要があるでしょう。

AGA専門クリニックではあなたに合った薄毛治療の方法を提案してくれるはずです。薄毛に悩んでいるのであれば早い段階で適切な診断を受けて、すぐにでも治療を開始しましょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます