20代30代が若いのに薄毛になる原因は?若ハゲ予防対策もチェック!

薄毛の原因 2019.02.07

若いのに薄毛になる原因とは?

若年性脱毛症とも呼ばれる若ハゲに悩んでいる人は増加傾向にあり、20代・30代でも深刻な薄毛の悩みを抱えている人は多いようです。薄毛になると見た目も老け込んでしまいますし、自分に自信を持つことも難しくなるでしょう。

なぜ、若いのに薄毛になるのか、予防・対策法があるのでしょうか。詳しく解説します。

若者の薄毛の原因はAGA?!

20代~30代の男性が薄毛になる場合の原因の多くが男性型脱毛症AGAと言われています。これは進行性の脱毛症の一種で、一度発症すると適切な治療を行わない限り症状は進行していきます。

円形脱毛症の場合は一部分だけがいきなりツルっとハゲてしまいますが、AGAの場合は少しずつ確実に薄毛が進行していきます。AGAを発症する原因と進行過程についてご説明します。

AGAの原因は男性ホルモン

AGAの根本的な原因は男性ホルモンの影響であることが医学的にも明らかになっています。つまり男性ホルモンの影響を受けやす人の方がAGAを発症しやすく、進行過程も速いようです。

20代半ばで薄毛になり30後半には髪が全く残っていない、という人もたくさんいます。若者の薄毛を早い段階で食い止めるためには男性ホルモンの影響を抑制する必要があり、そのためには専門クリニックで処方される薄毛治療薬を服用する必要があります。

後で詳しく解説しますが、これらの薬は厚生労働省によって認可されている治療薬であり、薄毛治療において高い効果性が期待できます。

ジヒドロテストステロンと薄毛の関係性

男性ホルモンには5αリクターゼという物質が含まれており、この物質がジヒドロテストステロンに変化することで薄毛が進行します。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に入り込むと髪のヘアサイクルが乱れ、成長期の髪の割合が少なくなり、抜け毛が増えてしまいます。5αリクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、そのどちらか、または両方の分泌量を抑え込むことでジヒドロテストステロンの影響を抑制できます。

遺伝でハゲるって本当?

5αリクターゼとジヒドロテストステロンの結合の度合いの相性は遺伝によって決まっていると言われています。つまり、薄毛の遺伝子を強く受け継いでいる人は両者の結行の相性がよくジヒドロテストステロンがたくさん分泌されてしまうようです。

ちなみに、父親よりも母方の遺伝傾向が強く現れるようで、母方の親族に薄毛の人が多いなら要注意です。しかし、遺伝でハゲることが確定しているわけではありません。薄毛が遺伝する確率は30~70%程度といわれており、早い段階でAGA治療を開始することで遺伝の影響を食い止める確率が上がります。

前頭部と頭頂部の薄毛が進行

AGAを発症すると前頭部と頭頂部の薄毛が進行し、M字型脱毛症・O字型脱毛症と呼ばれます。これは、5αリクターゼは前頭部と頭頂部にたくさん存在しているのでジヒドロテストステロンの影響を受けやすいことが原因です。

一方で、側頭部や後頭部には5αリクターゼがほとんど存在していないのでAGAが進行しても髪が残ります。そのため、注意して確認する必要があるのが前頭部と頭頂部です。その部分の薄毛が進行しているならAGAの可能性が高いでしょう。

抜け毛の増加

AGAの発症に伴って抜け毛の量が格段に増えます。平均的な抜け毛の量は一日に100~150本程度といわれていますが、症状が深刻化すると200本以上の髪が抜けることもあり薄毛の進行を助長させることになります。

新しい髪が生えてくるためには古い髪が抜ける必要があるので、抜け毛自体は問題ではありませんが、許容範囲を超えてしまうと薄毛になってしまいます。朝起きた時やシャンプーの時の抜け毛の量をチェックして許容範囲を超えていないか確認しておきましょう。

ヘアサイクルの乱れ

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期・休止期・後退期のサイクルで回っています。通常は4~6年ほどある成長期がジヒドロテストステロンの影響で1~3年程度にまで期間が短くなります。

成長する期間が短くなるほど髪は抜けやすくなり、後から生えてくる髪も産毛のような弱々しい髪になってしまいます。

自分のヘアサイクルの状態を確認するためには抜け毛の毛根の状態をチェックしてみるといいでしょう。健康的な毛根はマッチ棒のように膨らんでいますが、ヘアサイクルが乱れている毛根は歪な形をしていたり、毛根自体がない場合もあるようです。ヘアサイクルの乱れが深刻化しているなら今すぐ適切な対策を講じる必要があります。

若ハゲの原因は頭皮環境?!

もし若ハゲに悩んでいるのであれば頭皮環境の乱れが原因かもしれません。頭皮環境が乱れると髪の成長が止まり、抜け毛が増えてしまいます。頭皮環境の悪化につながる3つの要素をご紹介します。

頭皮の血行不良

頭皮の血行不良は頭皮環境の悪化を引き起こす代表的な例です。頭皮の血行不良は発毛に悪影響を与えるのでAGA治療を行うときにも血行促進剤が推奨されています。

頭は体の一番上にありますし、頭皮自体に筋肉がないため血行不良になりやすい傾向があります。髪の毛根は血液を介して栄養を吸収するため、髪にとって血流の良し悪しは死活問題になります。

普段、自分の頭皮の血流状態を気にすることはないと思いますが、頭皮に色を確認するとある程度の状態が分かります。血流状態のいい頭皮は青白い色をしていますが、血行が悪く新陳代謝が滞っている頭皮は茶色、または赤みがかっているようです。

鏡を使って確認したり、他の人に見てもらって自分の頭皮の血流状態をチェックしましょう。

髪への栄養不足

髪と頭皮への栄養不足は頭皮環境の悪化を促進させ、抜け毛を増やす原因になることがあります。

体内の栄養素が不足すると生命の維持に直結する臓器などが優先的に栄養を吸収するため、髪への栄養供給は後回しにされてしまいます。そうなると毛母細胞の活性化が阻害され頭皮環境が悪化することになるでしょう。

頭皮の硬化

硬い頭皮は抜け毛を促進させ、若くても薄毛になる可能性があります。人間の体は年齢と共に硬くなっていきますが頭皮も同じです。

実際、薄毛が進行している方の頭皮を触ってみるとカチカチで全く動かないことが多いようです。あなたの頭皮はどうすか?両手で頭皮を掴んでみて軽く動かしてみましょう。上下左右に動くようであれば頭皮の硬化は進んでいないと思われますが、全く動かないか、動きが悪いようなら頭皮環境が悪くなっている証拠かもしれません。

そのまま放置しておくなら若くして薄毛の原因になることがありますから、早めに対策を講じましょう。

生活習慣の乱れは薄毛の原因に!

睡眠不足

髪の毛母細胞は就寝中に活性化するため、睡眠不足は育毛に悪影響を与えます。もし、睡眠不足が習慣化しているのであれば生活スタイルを見直してみるといいでしょう。

一概には言えませんが、一日6時間以上の睡眠が理想といわれています。サラリーマンの場合、朝六時頃に起きて出社する方も多いと思いますが、その場合逆算すると夜11~12時には就寝する必要があります。

残業して帰ってきて、食事をして寝るだけでは12時近くになるかもしれませんが、可能な限り6時間程度の睡眠は確保したいものです。睡眠不足が習慣化しているのであれば、何を調整すれば睡眠時間を確保できるか検討してみるのもいいでしょう。

ストレス

過剰なストレスを長期間受け続けると自律神経が乱れ、頭皮の血行が悪くなり、ヘアサイクルの乱れの原因になる可能性があります。

日々の生活からストレスを全くなくすことは現実的に難しいかもしれませんが上手に付き合う工夫が必要でしょう。

偏った食生活

偏った食生活は髪と頭皮への栄養不足を引き起こし、若ハゲの原因になる可能性があります。

理想は三食、バランスの整った食事が理想ですが、朝はコンビニのパンとコーヒー、昼は定食屋のかつ丼、夜は焼肉、このような食生活ではカロリーオーバーになるだけでなく、皮脂の過剰分泌を助長する原因にもなります。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が皮脂で詰まってしまったり、頭皮の痒みやフケなどの原因になるかもしれません。特に忙しい生活をしている方の場合、食生活の乱れが顕著に表れるようです。

若いから大丈夫!といって安心していると知らず知らずのうちに薄毛が進行していて、後で後悔することになるかもしれません。普段自分がどのような食生活をしているのか再吟味してみるといいでしょう。

運動不足

運動不足は全身の代謝機能を弱めるだけでなく、頭皮の血行不良の原因にもなります。頭皮の血行不良は抜け毛の原因になるので若ハゲを予防するためには運動不足を解消する必要があるでしょう。

忙しいサラリーマンの場合、定期的な運動のために時間を確保するのは簡単なことではないと思いますが、薄毛対策のために努力してみましょう。

間違ったシャンプー法

間違ったシャンプーの方法は頭皮トラブルの原因になることがあり、若ハゲを助長する可能性があります。

シャンプーは毎日の習慣ですから知らず知らずのうちに髪と頭皮を痛めている可能性もあります。若ハゲを予防するためには髪に優しいシャンプー剤の選び方、正しい髪の洗い方、洗った後の適切なケアが重要になります。後ほど詳しく解説します。

若者の薄毛予防、若ハゲ対策を検証!

若者が薄毛になる場合、その大半がAGAと診断されるようです。男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので放置しておくなら確実に症状は悪化していきます。

しかし、適切な対策を講じるなら進行を食い止め、薄毛の症状を緩和させることができるかもしれません。若者の薄毛、若ハゲ対策に有効な方法をご紹介します。

育毛剤で頭皮環境の正常化

育毛剤には髪と頭皮に有効な育毛成分がたくさん含まれており、薄毛対策に効果的です。インターネットやドラッグストアではたくさんの育毛剤が販売されていますが、若ハゲを効率よく予防するためには自分に合った商品を選ぶ必要があります。

例えば、頭皮環境の乱れが気になる方であればセンブリエキスやローズマリーエキスなど頭皮環境を整えてくれるものがおすすめですし、頭皮の血行不良が気になるのであればミノキシジル配合の医薬品育毛剤が効果的かもしれません。

商品によって配合成分や効果性が異なるので自分の薄毛の進行状況に合わせて選ぶといいでしょう。

医薬品と医薬部外品

育毛剤には医薬品と医薬部外品の商品があり自分の薄毛に合わせて購入するといいでしょう。医薬品には厚生労働省によって認可されている発毛成分が配合されていることが多く、医薬品なので薬剤師等の診断を受けてうえで購入する必要があります。

一方、医薬部外品や化粧品分類の育毛剤には発毛成分や厚生労働省公認の育毛成分は含まれておらす、発毛の根拠が乏しい場合があります。基本的に育毛剤は現在生えている髪を成長させるために使用するものなので、すでにAGAを発症しており薄毛になっている場合、医薬部外品の育毛剤では治療は難しいでしょう。

バランスの整った食生活

バランスの整った食生活は若ハゲを予防するために必要なことです。髪が元気に成長するためにはタンパク質、ビタミン、亜鉛などの栄養素が必要です。牛肉や納豆、卵にはタンパク質が豊富に含まれているので積極的に摂取しましょう。

特に朝食は一日のエネルギーを補給する時ですからしっかりと食べるようにしましょう。また、魚介類や緑黄色野菜にはビタミン群が豊富に含まれており、ビタミンA、ビタミンBを効率よく摂取できます。

ビタミンは細胞の活性化やアンチエイジング効果引き出すために必要な栄養素です。毛母細胞を活性化させたり、頭皮のアンチエイジング効果を高めるために是非とも取り入れていただきたい栄養素です。加えて、牡蠣には亜鉛がたくさん含まれているのでサプリメントを活用するなどして補給しましょう。

上質な睡眠習慣

質の高い睡眠は育毛効果を高めてくれます。深い眠りであるノンレム睡眠をしっかり取るためには事前の準備が必要です。

寝る前にストレッチをして筋肉をほぐしたり、好きな音楽をかけてリラックスすることで深い眠りに入りやすくなります。自律神経が緊張していると体は疲れているのに眠れなかったり、眠ってもすぐに目が覚めることがあります。就寝前は気持ちを落ち着けるようにして、スマホやテレビを見ないようして神経を和らげましょう。

また、寝具にこだわることで質の高い眠りを作り出せるかもしれません。枕やベットマットを変えてみるだけで眠りの質が変わることもあるようです。いずれにしても、上質な睡眠習慣を手に入れるために自分にあった睡眠方法を見つけ出しましょう。

上手なストレス発散方法

生活の中からストレスを完全に遮断することは不可能なので上手な発散方法を持っているかどうかが重要になってきます。ストレスが溜まっているな・・・と感じた時に簡単にできる発散方法を確立させましょう。

2泊3日の温泉旅行に行けばストレスを発散できる!と言っても長期の休みを確保するのは難しいでしょう。それよりはカラオケに行ったり、軽く体を動かすこと発散できるなら簡単ですし、ストレスも蓄積されずに済みます。これをすれば自分はストレスを解消できる!というものを見つけておくといいでしょう。

頭皮と髪に優しいシャンプー

薄毛を改善するためには頭皮と髪に優しいシャンプー剤を選びましょう。強力な界面活性剤が配合されている場合、洗浄力が強すぎて頭皮の皮脂を取りすぎてしまい、頭皮の乾燥や痒み、フケなどの原因になる可能性があります。

可能であれば、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系のシャンプーなど、髪と頭皮に優しい成分が配合されている商品を選びましょう。

また、シャンプーの時に重要なのは髪ではなく毛穴の汚れを掻き出すように、頭皮をしっかりと洗うことです。髪の毛をゴシゴシ擦って洗うだけでは、毛穴の中の汚れをきれいにすることは難しく、酸化した皮脂や汚れが雑菌などの餌になる可能性があります。頭皮を優しく揉み洗うようにして毛穴の汚れを掻き出すことがポイントです。

育毛シャンプーでAGAは治る?

男性型脱毛症AGAを治療するためには、根本的な原因であるジヒドロテストステロンの分泌量を抑制する必要があり、そのためにはプロペシアやサガーロなどの厚生労働省によって認可されている治療薬を服用する必要があります。

残念ながら育毛シャンプーにはそれらの成分は含まれておらず、AGAを根本的に解決することは難しいでしょう。

若者の薄毛は専門クリニックへ相談!

本気で若ハゲを治療したい!と思っているのであればAGA専門のクリニックを受診することをお勧めします。生活習慣や育毛シャンプーだけではAGAの進行を食い止めることは難しく、専門家による治療が必要になります。

専門クリニックではどのような治療が行われるのか説明します。

薄毛の原因を特定

AGA専門のクリニックでは薄毛の原因特定から治療が始まります。男性が薄毛になる場合、8割以上がAGAを診断されるようですが、中にはそれ以外の理由で脱毛が生じていることもあるのです。

人によって脱毛の原因は異なりますから、自分の脱毛の原因を的確に知ることができます。専門のクリニックの担当医はたくさんの事例を取り扱っているので過去の事例や写真を参考にしながらあなたの薄毛の原因を特定してくれます。

AGAの進行度合いをチェック

AGAが薄毛の原因であったとしても進行速度は人によって違います。そして、薄毛の進行度合い合わせて治療方法を決める必要があります。

専門家は拡大鏡を使って頭皮の状態を確認したり、毛根の状態をチェックしてどの程度AGAが進行しているのか調べてくれます。薄毛が初期段階であれば頭皮マッサージや生活習慣の見直しで改善できるかもしれませんが、進行が進んでいるなら薄毛治療薬の服用が勧められるでしょう。

薄毛治療薬 プロペシアの処方

AGA専門のクリニックで処方される薄毛治療薬の代表格はプロペシアです。もともと、前立腺がんの治療薬として使われていましたが、使用した患者に発毛効果が現れたために薄毛治療薬としても注目され、日本では厚生労働省によっても効果性が認められています。

効果を発揮するまでには半年から1年程度の継続が必要になり、それでも効果がなかった場合は別の治療方法が提案されるでしょう。プロペシアには男性機能障害や肝機能への影響など副作用の可能性があるため、専門家の診断を受けたうえで服用する必要があります。

プロペシアよりも効果大?!サガーロ

5αリクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはⅡ型にのみ働きかけますが、デュタステリド成分を含むサガーロは両方の型に働きかけるためプロペシアよりも効果性が高いといわれています。

プロペシアよりも費用が高くなり副作用の可能性も高くなるようですが、短期間で効率よく若ハゲを治したい!という方のなかには最初からサガーロを処方を希望する方もいるようです。

この治療薬も厚生労働省によって認可されているAGA治療薬であり高い効果が期待できます。5αリクターゼの分泌量を抑え込むことでジヒドロテストステロンの生成を抑制します。サガーロにもプロペシアと似た副作用の可能性があるため、専門医の診察が必要です。

ミノキシジル

血圧降下剤として使用されていたミノキシジルですが、全身の血行を促進させる効果があり発毛効果が高いため、厚生労働省によって薄毛治療薬として認定されています。

髪の毛根細胞は血液を介して栄養を吸収するため、発毛と血行促進は強い関係性があります。実際、薄毛に悩んでいる方の頭皮は血行不良のため、頭皮の色が茶色くなっていることが多いようです。健康的な頭皮は青白い色をしていますから、自分の頭皮の色をチェックしてみるといいでしょう。

ミノキシジルには外服薬と内服薬があり専門クリニックで処方される薬は配合濃度が高いため、市販のミノキシジル治療薬よりも高い効果が期待できます。海外製のミノキシジル治療薬の中には日本では許可されていない量を配合しているものもあるようですが、副作用の可能性もあるため正しい処方を受けて服用するようにしましょう。

薄毛治療薬の副作用の確率

プロペシアやサガーロには副作用の可能性があり、それが理由で服用をためらっている方も多いでしょう。薄毛治療薬の副作用の確率を調べると全体の5%以下のようです。この数値のどのように解釈するかは個人差がありますが、必ず副作用が出るわけではないようです。

プロペシアには勃起障害や精子減少、性欲減退などの事例がありますが、体質によっては全く副作用を感じない方もいるようです。副作用の現れ方、症状の強弱は個人差がありますから専門家の診察を受けたうえで使用しましょう。

若者の薄毛、若ハゲ対策はAGA専門クリニックへ!

今回は若いのに薄毛になる原因について特集しました。生活習慣の乱れや間違ったシャンプーの方法が薄毛を助長させますが、大抵の場合は男性型脱毛症AGAを発症していることが原因のようです。

若ハゲを改善するためには早い段階で治療を開始する必要があり、我流で治療するのではなくAGA専門のクリニックをして専門家の助言を求める必要があります。時間を無駄にすることなく、効率よく薄毛の原因を解消するために専門のクリニックを受診することをお勧めします。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます