ヘルメットの摩擦や蒸れは薄毛の原因になる?

薄毛の原因 2018.12.27

ヘルメットの着用が薄毛の原因と言われるのはどうして?

ヘルメットをかぶるだけで薄毛になるって本当?

ヘルメットをかぶるとハゲやすくなる。帽子を長時間被っていると薄毛になると言われることがあります。ただ、被り物をしているだけで薄毛になるなんて想像しづらいですよね。
一体何が原因と考えられているのでしょうか?

蒸れる

帽子やヘルメットで気になるのは蒸れです。頭皮の湿度が上がると不快だし、雑菌が繁殖して痒くなってしまいます。すると、マラセチア菌などの雑菌が毛根を攻撃して薄毛を引き起こすことや皮脂が過剰分泌して毛穴を詰まらせてしまうという説があります。他には頭皮環境の悪化によって生じる活性酸素が薄毛に関わっていると言われています。

確かに頭皮の群れは頭皮環境を悪くするし、皮脂の汚れも放置してはいけませんが実のところ薄毛に関わると明言できません。

なぜなら、髪の毛の成長に使う酸素は表皮ではなく血液から届けられるからです。また皮膚呼吸についても哺乳類は行なっていません。

髪の毛が擦れる

ヘルメットの摩擦で髪の毛が擦れる時、毛根が引っ張られてダメージを受けます。その結果髪の毛が抜けやすくなるのです。これはポニーテールの人が薄毛になりやすくなる牽引性脱毛でも同じことが言えます。

とはいえ、健全に髪の毛が生えている人にとってはヘルメットの摩擦はあまり気にしなくて良いでしょう。毛根は非常に強く、手で引っ張っても髪の毛はちぎれるだけ。毛根は抜けてきません。抜け毛が多いとしてもヘルメットの中に留まっただけではないでしょうか?

一方で、薄毛が進行中の人はヘルメットの摩擦に要注意です。薄毛の人は髪の毛の本数が減るだけにとどまらず、髪の毛が弱々しくなっていきます。弱くて軟らかい髪の毛はデリケートでシャンプーをしている時さえ気をつけなくてはならないほどです。

だから、ヘルメットを被るときも髪の毛が引っ張られないよう注意したいですね。

締め付けで血行が悪くなる?

帽子はともかくヘルメットはあご紐で首のあたりが締め付けられますね。すると血行が悪くなります。髪の毛の成長には栄養と酸素を送るための血流が欠かせないため血行が良くないと薄毛につながるというわけです。確かに健やかな発毛にとって血行促進は非常に大切です。

しかし、ヘルメットの締め付けで薄毛になるのでしょうか?まず、首の部分が一時的に締め付けられたとしても血行不良になる程圧迫されるのか疑問ですね。次に、頭につながる太い血管は首の後ろにあります。

このことから、ヘルメットをかぶること、血行不良になること、薄毛になることの関連性は薄いのではないかと考えられます。

ヘルメットが原因の薄毛にはどう対策する?

頭に優しいヘルメットを選ぼう

工事現場で働く人や自衛隊の方のように四六時中ヘルメットをかぶっている人なら「ヘルメットが原因で薄毛になった」と言えるかもしれません。ヘルメットが原因の薄毛を対策するなら、やはりヘルメット選びに気をつけたいですね。

蒸れないヘルメット

蒸れないヘルメットは快適性を大きく高めます。汗をかいても頭が暑くならないし湿気も少なくなる。そして頭が痒くなることも減るからです。

完全に蒸れない夢のようなヘルメットはなくてもメッシュ素材になっていたり吸湿性に優れていたりと乾きやすいものを選ぶことは可能です。ヘルメットを自分で買えない時も吸湿シートなどを入れることで頭皮環境の改善が期待されます。

サイズの合ったヘルメット

ヘルメットの摩擦がきになるなら、サイズを変えましょう。自分の頭あの大きさに合ったものを選べばずれにくくなります。ただ、キツすぎると不快だったり血行が良くなかったりと不具合が出ます。ヘルメットのサイズは実際にかぶって確かめることが望ましいです。

髪をしっかり洗うことも大切

ヘルメットをかぶることによる頭皮環境の悪化に対する対策は、頭をよく洗うことです。頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使えば敏感肌の人でも頭皮が木津つきにくいです。せっかくヘルメットの摩擦に気をつけているのですから洗うときは爪を立てず、指の腹で優しく洗うことをお勧めします。

血流を良くするための頭皮マッサージをすることや、毛穴のつまりを落とすためにブラシを使うことも良いでしょう。

あまりに、皮脂が多いときは洗浄力が強目のシャンプーを使うことがお勧めです。雑菌が繁殖しているならケトコナゾールなど菌をやっつける効果のあるシャンプーを使ってください。

ヘルメットより気をつけるべき薄毛の原因を紹介

薄毛の問題は頭皮環境より体質

ヘルメット、紫外線、整髪料にシャンプー、薄毛の問題はどうしても頭皮環境や髪の毛が直接の原因だと思われがちです。確かに、これらを改めることは薄毛対策になるのですが本当に気をつけるべきは体質や健康状態です。

例えばこのような問題が薄毛を引き起こします。

男性はジヒドロテストステロンが増えるとAGAになる

男性はジヒドロテストステロンという物質が増えると、髪の毛の成長が抑制されて脱毛が進行します。これをAGA(男性型脱毛症)と呼ぶのですが、ジヒドロテストステロンは増えやすい人とそうでない人がいます。

ハゲは遺伝と言われるのはこのAGAについてであり、女性よりも男性の薄毛が目立つことからもいかにAGAで悩む人が多いかわかりますね。その数はなんと1000万人以上と考えられています。

遺伝的にAGAリスクの高い人は、それを根本改善することができないため継続的に薬と内服してジヒドロテストステロンの増加を抑えます。

女性は女性ホルモンが減ると薄毛リスク上昇

女性の場合はエストロゲンという女性ホルモンが育毛に関わっているため女性ホルモンが減少すると薄毛になりやすいです。特に気をつけるべきは更年期です。

女性もホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが増えると考えられており、この症状は女性のAGAと言われています。

髪の毛に必要な栄養と血流は十分ですか?

髪の毛を生やすためには十分な栄養と血流が必要です。もし食生活の偏りが見える時や血管を狭くするストレスや睡眠不足で悩んでいる時はそれが薄毛に関わっているかもしれません。

髪の毛に必要なものは血液に乗って運ばれます。だから、頭皮よりも体内に取り入れた栄養や体の健康状態こそ発毛に関わっているのです。髪や爪は末端だからと侮ってはいけないのです。

円形脱毛症とは?

円形脱毛症は免疫細胞による毛根の攻撃です。その結果、短期間かつ大量に髪の毛が抜けてしまいます。円形脱毛症の原因として有力なのはアトピー素因でストレスも関わっていると言われています。

薄毛の治療はAGAクリニックで

薄毛の治療はAGAクリニックで受けましょう。AGAクリニックは発毛治療に特化した病院で症例の多さや充実した設備、治療に関する多様な選択肢などで一般的な皮膚科を上回ります。薄毛の人が相談しやすい環境を作っていることもプラバシーが気になる患者さんに好評です。

まずは遺伝子検査を受けよう

薄毛、とくに男性の薄毛についてはAGAが多いです。ヘルメットによる薄毛が疑われる場合でも必ず遺伝子検査を受けてください。その結果、AGAの可能性が高ければヘルメットを変えるよりも有力な治療法があります。

AGAクリニックはカウンセリングと遺伝子検査、そして生活指導だけ受けることも可能です。無理に高額な薬を処方されることはありません。

薄毛の原因に即した治療を

薄毛の原因に即した治療法を選んでください。AGAであればジヒドロテストステロンを増やす5αリダクターゼという物質を阻害する薬を飲むことが正解です。女性であれば女性ホルモンを増やすことがいちばんの解決になることがあります。

結構不良による脱毛ならミノキシジルという成分で血管を広げましょう。

複数の原因が絡んでいる薄毛ほど、試行錯誤が求められます。

ヘルメットが薄毛の原因かも?と思ったらAGAクリニックへ

ヘルメットが薄毛の原因になるということは知っていても、そのメカニズムまで知っている人は少ないです。ヘルメットによる薄毛は頭皮環境の悪化が主な理由と考えられますが、こちらで紹介したように薄毛には様々な原因があります。

本当の原因を突き止めたいなら、AGAクリニックで診断を受けることが第一です。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます